今回も、大好評(?)の有料クラウドマイニングサービスを斬るのコーナーです。
 
今回紹介するクラウドマイニングサービスはこちら

GigaHash
gigahash


こちらのサービスは、2013年12月からサービスを開始しており、比較的長く続いているサービスではないでしょうか。

現在購入可能なのは、以下の2つのサービスです。
GHASH2 SHA-256アルゴリズムによるビットコイン採掘限定。契約期間無期限。1ユニット当たりの単価は安いがメンテナンスフィーが高いため、日々手にできる報酬が少ない。
GHASH3 SHA-256アルゴリズムによるビットコイン採掘限定。契約期間無期限。1ユニット当たりの単価は高いがメンテナンスフィーが非常に安いため、日々手にできる報酬が多い。
SHASH2 Scryptアルゴリズムで自動的に最適なコインを採掘し、ビットコイン建てで払い出しされます。
実際の購入価格と日々の報酬は以下の通り

bitcoin-sha256

alt-scrypt

私が投資を始めたころの半額まで下がりましたね。
まあ、報酬は半額どころではありませんが・・・
日々の採掘実績は以下の通りです。SHA-256については、ピーク時の半分以下というのが一目瞭然ですね。
SCRYPTについては、複数コインを自動選択しているだけあって、半分にはなっていないようです。

gigadiv

この状況を踏まえると、どれを買ってもそれほど大きくは儲からんなあというのが現時点の感想です。

また、払い出しは、Autoの設定があります。残高が0.0005BTCを超えると自動で払い出しされます。
私の場合、当初は日々の報酬が0.0005BTCを超えていたので毎日払い出されていたのですが、現在はそれを下回ってしまっているので、2日に1回、たまに気まぐれで0.0032BTCが毎日払い出されたりしてます。

では、最後に収支報告とトラブル状況についてです。

GHASH2およびGHASH3
投資開始時期:2015年10月29日
現在までの投資額:0.24048BTC
現在までのPayout額:0.019879BTC
投資回収率:8%
未回収額:0.220601BTC
ハッシュレート計:GHASH2 80GH/s、GHASH3 100GH/s
一日当たりのPayout額:GHASH2 0.0000888、GHASH3 0.0002340BTC 計0.0003228BTC/day
推定回収完了予定日数:あと683日(遅い!!2年弱ですか・・・・)

トラブル発生:これといったトラブル発生なし。
懸念事項:一日当たりのPayout額が、この1カ月だけでおよそ5分の3になってしまいました。
GenesisやHashFlareに比べれば全然ましですね。メンテナンスフィーの安いGHASH3を中心パワー増強していたおかげです。GHASH2を買わずにGHASH3のみに投資していればもう少しましだったかもしれません。
安くなったGHASH3および報酬が安定しているSCRYPTを組み合わせれば、もしかして何とかなるかも?という気もしますが、ここは手を出さずに待ちたいと思います。
ここに投資するくらいなら、HashOceanへの追加投資かBWへの新規投資でしょうね。
 
最低購入価格が随分下がったこともあり、お試しにという方がいれば、ここから新規登録をお願いします。

 GigaHash
gigahash


それでは、次回は毎度最悪と書き続けてきたZeusHashについて斬りまくる予定です。